相続
β版

Q.現金や預貯金よりも生命保険のほうが節税になるのでしょうか?

A.相続人ひとりあたり500万円まで相続の非課税枠があるので税金対策に

生命保険が節税対策に使われる理由は、生命保険相続税の非課税枠があるからです。ひとりあたり500万円で、妻と子ども2人が相続人に場合は1500万円までは、生命保険を受け取っても相続税はかかりません。それとは別に妻(配偶者)の場合は、「配偶者の税額軽減」が適用できるため、生命保険を妻に受取人としてかけても1億6千万円までなら非課税となるからです。現金や預貯金で1500万円を持っているなら終身の生命保険などとして掛け金を預けたほうが節税できるというわけです。

ただし相続税対策になる保険のかけ方のところで述べたように支払い方法によって相続税の非課税枠を利用できない場合があります。例えば、妻が夫の保険料を支払っていて、夫が死亡した場合その生命保険を子どもが受け取ると贈与税の対象となります。また生命保険は、途中解約すると返戻金が掛け金よりも減ることもあるので、よく確認しましょう。

相続放棄したときに生命保険を受け取ることはできる?

相続の時の生命保険に関することで、よく受ける相談に相続放棄があります。親の生命保険があるけれど遺産を放棄した場合は、親の死亡保険金を受け取ることはできますか? 

という質問です。親から譲り受ける財産もマイナス財産である借金が多いと、遺産を放棄することがあります。遺産放棄するとすべての財産を放棄することになるので、生命保険も一緒に放棄しなければならない思われようですが、受け取る権利はあります。生命保険は受取人を指定するため受取人の固有財産とみなされるので、親の財産ではないからです。たとえ相続を放棄しても生命保険を受けとることができるというわけです。けれど相続放棄した時点で相続人ではなくなるので、非課税枠を利用することはできません。受け取った金額の全額が課税対象となるということは覚えておきましょう。

Large
こちらの専門家が回答してくれました
税理士・公認会計士 安藤信之
響税理士法人 安藤公認会計士共同事務所 所長