相続
β版

Q.相続時精算課税制度を使うと贈与税がかからないの?

贈与税はかかりませんが、相続のときに課税されることも

生前贈与には、2500万円まで贈与税がかからない「相続時精算課税制度」があります。年間110万円の非課税枠を利用するよりも得をするのでは思われるかもしれません。この制度は贈与のときは税金がかからないのですが、相続のときに精算するという制度です。

贈与されたお金はあくまでも、財産分与を前払いしてもらったようなもので、贈与してくれた親や祖父母が亡くなったときに、相続財産に贈与された金額を加えて計算することになります。相続のときに贈与税と相殺して、足りない分を払いますが、もし多く払っていれば返してもらえます。「相続時精算課税制度」を利用する最大のメリットは贈与時点の時価で財産が評価されることです。明らかに今後評価額が上がるような資産の相続にはメリットがあります。

ただしこの制度を利用すると、年間合計110万円までの非課税枠(暦年贈与)を利用することができなくなります。利用するときは、安易に決めずに税理士などに相談しましょう。

相続時精算課税制度の条件

① 60歳以上の親・祖父母から子ども・孫への贈与の場合にしか利用できない
② 子どもと孫の年齢は20歳以上
③ 税務署に制度を利用することの確定申告をする
④ 累計2500万円を超えると一律20%の贈与税がかかる
⑤ 贈与してくれた人が亡くなったときに相続の申告をする

こちらの専門家が回答してくれました
税理士・公認会計士 安藤信之
響税理士法人 安藤公認会計士共同事務所 所長