相続
β版

Q.相続人は必ず相続しなければいけないの?

A.相続をするかしないかは自分で決められます

相続は発生したら必ず相続人にならなければいけないわけではありません。相続人は、相続するかしないかを自分で選ぶことができるのです。

相続人は特に何もしなければ、そのまま自動的に相続人となりますが、もし相続をしないというのであれば、自分が相続人であることを知ってから3か月以内に手続きをする必要があります。

選択肢には3つの種類があります。

<単純承認>
何も手続きをしなければ、相続することを承認したとみなされます。つまり、プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続すると決めたことになります。

<相続放棄>
相続放棄とは、借金などのマイナスの財産はもちろん、すべての財産を相続しないことをいいます。相続人が複数いても、それぞれが選ぶことができます。

相続放棄をすると、その相続人ははじめから相続人でなかったこととされるので、代襲相続にはなりません。つまり、子どもが相続放棄をした場合、孫が相続人になることはないということです。

<限定承認>
限定承認は、プラスの財産からマイナスの財産を返済して、マイナスの財産が残ったときにはそれ以上、返済しなくてもいいというものです。プラスの財産もマイナスの財産も予測がつかない場合などに選択されます。もし、マイナスの財産を返済して、少しでもプラスの財産が残ったならば、その分を相続するという条件つきの相続なのです。

ただし限定承認は、相続人全員が合意して共同で行わなければなりません。そのため、1人でも反対する人がいれば、限定承認は行えません。

相続放棄と限定承認の手続きは家庭裁判所で行う

相続放棄や限定承認の手続きは、相続があったことを知った日(相続発生日ではありません)から3か月以内に申述書を家庭裁判所に提出して行います。

この3か月の期間を過ぎてしまうと、たとえ多額の借金に気づいても手遅れで、すべて相続することになります。 もし、それまでに判断できないときは、相続の承認、または放棄の期間の伸長の申し立てを行って、考慮する期間の延長をすることが可能です。

相続人の中から相続放棄があった場合は残った相続人で財産を分ける

相続放棄をする相続人が出た場合は、財産分割はどうなるのでしょう?

それは、放棄をした相続人がもともといないという想定で、分割をします。たとえば、兄弟3人が相続人だった場合、1人が放棄したら、残った兄弟で1/2ずつ、財産を相続します。

Large
こちらの専門家が回答してくれました
税理士・羽田リラ
株式会社ウーマン・タックス 代表取締役