相続
β版

Q.家など分割できない財産はどうやって相続するの?

A.不動産は共有しないのが鉄則です

一般家庭であれば、遺産は住んでいた自宅と少しの預貯金があるだけというのがほとんどではないでしょうか。遺産分割の考え方の基本と大まかな対応策をここで紹介しておきましょう。

自宅のように、現在住んでいる家をすぐに売却するケースはまれでしょう。相続では、相続人全員の合意が必要なので、ひとまず家は共有名義にして、後々考えようと思う方も多いようです。けれども、「不動産は共有しない」ということは、相続を考える場合、鉄則です。

すぐにその遺産を売却して、その対価を相続人で分けるというのであれば問題はありません。けれどもその家を長期間保有するとなると、年月とともに共有はやっかいな問題となるのです。

たとえば、家の建て替えや売却をするときには、共有者全員の同意が必要になり、なかなか話が進みにくいのが実状です。すべての共有者に家を使用する権利があるので、使い方をめぐってトラブルになることもあり得ます。

さらに、共有者が亡くなるとその人の相続人が、新たな共有者となります。たとえば、兄弟2人で家を共有にしていて、その兄が亡くなった場合、兄の共有分はその配偶者と子どもに受け継がれるのです。兄弟だけの間柄であれば、意見の折りあいをつけることもしやすいかもしれません。けれども、どちらかの持ち分が移っていったり、相続人が増えたりすると、話しあいどころか、連絡をとるのも大変になっていきます。

家などの不動産を共有するのは、住んでいた家を残せるというメリットもありますが、後々のことを考えると、避けたい相続方法なのです。

売却して現金に換えて分ける「換価分割」

では不動産以外、ほとんど遺産がないときはどうしたらいいでしょうか。財産をそのままの形ではうまく分けられない場合、またはその財産が必要ない場合は、売ってしまって現金に換えて分けるという方法があります。

この方法を換価分割といいます。

換価分割は、1円単位まできっちりと分けられますが、その半面、相続税とは別に、財産を売った儲けに対して税金がかかる場合もあります。また不動産を売る場合には、仲介手数料や登記に関わる費用なども必要になります。

税金に関しては、これまで住んでいた家を売ったり、空き家だった家を売った場合は、マイホーム譲渡所得の特例や空き家にかかる譲渡所得の特別控除など、税が軽減される可能性もありますので、よく調べてから検討しましょう。

多くを相続した人が相応のお金を支払う「代償分割」

不動産を手離したくない場合、相続人の誰かがその不動産を相続して、ほかの相続人に対しては相応のお金や物で補填する方法もあります。

それが、代償分割という方法です。

たとえば、相続人が2人いて、およそ8000万円の価値の土地を一方が相続する代わりに、もう片方に4000万円を現金で支払うという方法です。相続財産が、現在住んでいる家だというケースや、分割してしまうと困る自社株式などのときに選択されることの多い方法です。

ただし、4000万円という現金を用意するのは大変です。代償分割は不動産を残せるなどのメリットがありますが、財産を引き継ぐ相続人がいかに差額の現金を用意できるかという問題があることを覚えておきましょう。

Large
こちらの専門家が回答してくれました
税理士・羽田リラ
株式会社ウーマン・タックス 代表取締役