相続
β版

Q.相続するものには、どんなものがあるの?

A.一身専属権以外のすべての権利と義務が相続財産になります

相続する財産というと、みなさん、どんなものを思い浮かべますか? 亡くなった方の不動産や預貯金でしょうか。美術品や骨董品、宝石などを収集をしている方であれば、そうした価値のありそうな品々でしょうか。

相続財産という場合、価値のあるなしは関係ありません。たとえば1人で住んでいた親が亡くなった場合、その家にあるトイレットペーパーの1個も相続財産になるのです。そのため、亡くなったからといって、その家から何かを持ち出したり、「生前にこの着物は私にくれるといっていたから、お葬式の前に持って帰ろう」などという行為は実は違法なのです。

ただ、財産の評価をするときに、家財道具一式などというように算出するため、実際はトイレットペーパー1個をいくらと換算するわけではありません。

相続財産になるものは、資格や運転免許など、その人のみが持つ権利(一身専属権)以外のすべての権利と義務になります。

以下のものが相続財産となります。
土地/建物/預貯金/現金/株式などの有価証券/ゴルフ会員権/自動車/家財道具/趣味の品/借金/保証債務/など

上を見てもわかる通り、相続財産にはプラスのものだけでなく、借金やローンなどのマイナスの財産も含まれます。

住宅ローンは団体信用生命保険がついたものであれば、契約者の死亡で借入金が完済となります。ただし、マイカーローンや知人からの借金、クレジットカードの未払金などは、相続することが決まれば、プラスの財産とともに継承されることになります。

気をつけたいのが、亡くなった方が連帯保証人になっている場合です。保証人としての義務も残された家族に相続されるので、注意が必要です。

相続財産にならないもの

亡くなった方のみが持つ権利は、相続財産になりません。
例を挙げると以下のようなものです。

運転免許/資格/医師免許/年金受給資格/労働の義務/など

相続財産かどうか判断が難しいもの

相続財産かどうか判断が難しいものに生命保険があります。亡くなった方が保険の契約者の場合、死亡保険金や解約返戻金は相続財産となります。けれども、亡くなった方が保険の契約者で受取人が相続人の場合、その保険金は受取人のものになるので相続財産にはなりません。

ちなみに生命保険は亡くなった方が受け取るはずの財産ということで「みなし相続財産」となり、相続税の計算上では課税の対象になります。

Large
こちらの専門家が回答してくれました
税理士・羽田リラ
株式会社ウーマン・タックス 代表取締役