相続
β版

Q.骨董や絵画なども相続のとき申告すべき?

A.骨董や絵画などもきちんと申請

親が絵画や骨董品の収集が趣味ということがあります。骨董や絵画などはほとんどの場合、購入したときよりも低い査定になることが多いのですが、中にはお宝があることがあります。蒐集家だったりするとかなりの量がありますし、通帳などに購入記録が残っていることもあるでしょう。高額な骨董も絵画も相続財産です。

骨董や絵画の申告額はどうする?

骨董品は、骨董商などで鑑定してもらい、鑑定書をつくります。その金額を財産リストに記入します。絵画は、美術名鑑などで作家名と絵の号数を調べると目安となる金額が書かれているので、それを記入しましょう。絵画は保存状態が悪いと劣化していることもあるので、保存状態に応じて減額したりします。

Large
こちらの専門家が回答してくれました
税理士・板倉 京
株式会社ウーマン・タックス 代表取締役