相続
β版

Q.きょうだいのひとりが生前に多額の贈与を受けているときはどうするの?

A.特別受益の差し戻しとして相続時に認められることも

マンションの頭金を出してもらった、事業の出資金を出してもらったなど、きょうだいの中で特定の人だけ贈与を受けているということがあります。こうした場合、相続のときになるべく公平に財産を分割できるように考慮した「特別受益の差し戻し」という法律があります。

例えば親の財産が1億円あり、AとBで相続するとします。Aがすでに5000万円を生前にもらっていたときは、1億円+5000万円(すでにもらっている金額)÷2(相続人が2人の場合)=7500万円が相続分となります。Aはすでに5000万円もらっているので、7500万円−5000万円=2500万円を相続し、Bが7500万円を相続するということになります。

特別受益として認められるには証拠が必要

ただし、特別受益は生前にいくら贈与したという証拠がないと認められないことがあるので注意しましょう。あるケースは、母親が事業をしていた息子Aに1回につき数十万円から100万円を10年以上にわたり援助していたことがありました。

母親は息子のかわいさについ援助していたようですが、面倒を見てくれるもうひとりの息子Bに申し訳ないと思っていたようで、残りの財産はすべてBに残したいと相談を受けたそうです。

今まで渡してきたお金は特別受益にあたるケースですが、母親は兄に現金で渡すことが多く、今までいくら渡したかはっきりとした金額を覚えていなかったので、証拠がありません。これでは相続のときに特別受益としてAに認めさせることはむずかしく、相続のときにAとBのきょうだいの間でトラブルになることが予想されました。そこで母親に、Aに今後お金を渡すときは現金ではなく、通帳に証拠となる履歴が残る振り込みにするようにアドバイスしたそうです。

もちろんこれで解決すればいいのですが、これまで母親に援助を申し出るAですから、相続のときに遺留分を申し出る可能性はあるでしょう。けれども、遺言書に財産はすべてBに残す理由として、今までの特別受益があった証拠や母親のAを思う気持ちを付言事項に残しておくことで、多少なりともAを納得させる効果はあるのではないでしょうか。

Large
こちらの専門家が回答してくれました
税理士・板倉 京
株式会社ウーマン・タックス 代表取締役