相続
β版

Q.相続人の中で優先されるのは誰?

A.配偶者以外の相続人には順位があります

配偶者は順番に関係なく、つねに相続人となります。そのほかの相続人となる血縁関係者には順位がついています。

・第1順位/子ども、孫、ひ孫、玄孫など
・第2順位/父母、祖父母など
・第3順位/兄弟姉妹、甥、姪など

法定相続人の範囲図

第1順位の相続権は子どもにあります。相続開始前に相続人である子どもが死亡しているときは、その子の子どもが代わりに相続権を得ます。このように、子どもが親に代わって相続人になることを「代襲相続」といいます。

第1順位の相続権は、子どもが死亡していたら孫へ、孫も死亡していたらひ孫へ、というように、下に何代もわたって代襲されます。

養子も、実子と同じように相続人となります。また、正式な夫婦以外の間で生まれた子ども(非嫡出子)は、父親の認知を受けていれば相続権が認められます。母親が被相続人の場合は、母と子の関係は出産の事実で明らかにわかるので、母親の認知は必要ありません。

第2順位の相続権は父母にあります。父母が相続時に死亡していると祖父母に相続権が移ります。さらに祖父母が死亡していたら曾祖父母へ、というように、相続権は存命しているところまでさかのぼります。

第3順位の相続権は兄弟姉妹にあります。兄弟姉妹が死亡している場合は、その子ども(甥・姪)が代襲相続によって相続権を得ます。ただし、相続権を認められるのはここまでです。甥や姪の子どもが代襲相続をして相続人になることはありません。

第1順位がいない場合は第2順位など、相続権は移行する

亡くなった人に第1順位の子ども達がいない場合は、配偶者と第2順位の父母が相続人となります。同じように、子どもや孫、父母など、第1順位の人や第2順位の人がいない場合は、第3順位の兄弟姉妹が相続人となります。

ちなみに、同じ順位の相続人が複数いるときは、その全員が相続人になります。また、すでに財産放棄をした人は、その時点で相続権を失うので、放棄した子どもの代襲相続権も失います。

相続の順位は第3順位まで

相続の順位は第3順位までと決まっていて、第4順位というものはありませんから、法定相続人になれる範囲は死亡した人の甥か姪までです。

血族は上の図の点線のようにグルーピングされていて、それぞれの上位のものから相続人になります。上位の順位のものがいるのに、下位の順位の血族が相続人になるということはありません。つまり、子どもがいるのに親が相続人になったり、親がいるのに兄弟姉妹が相続人になることはないのです。

このように、相続権の順位は決まっていますが、もし相続人が故人の遺言書を捨てたり、隠したりするなどの不法・不定行為があると、相続権をもっていても相続の資格を失うことがあります。

Large
こちらの専門家が回答してくれました
税理士・羽田リラ
株式会社ウーマン・タックス 代表取締役