相続
β版

Q.相続人になれるのはどんな人?

A.相続人になれる人の範囲は法律で決められています

相続の方法は民法で定められていて、相続する権利のある人たちのことは法定相続人と呼ばれています。法定相続人になれるのは、配偶者または、血縁関係のある人たち。なぜかというと、相続には、故人の死後に残された家族や親族の生活の基盤を守るという役割もあるからです。具体的にいうと、亡くなった方の配偶者、子ども、父母、兄弟姉妹らが相続人となります。

相続人になる人たち

配偶者は常に相続人になる

相続人には民法で決められた優先順位があります。配偶者は常に相続人になり、順位は関係ありません。
配偶者に相続権があるかどうかは、原則として相続開始時点の戸籍で決まります。そのため、何年も別居状態であったり、離婚協議中であったり、相続後にほかの人と結婚しても相続人となります。
ただし、籍が入っていない内縁の妻や同性のパートナー、離婚した昔の妻は法定相続人にはなれません。

こんな人たちは相続人になる?ならない?

<胎児>
相続開始時に生まれていなくても、相続に関しては生まれたものとみなされ、相続権があります。ただし、死産だった場合は相続人にはなれません。

<養子>
養子は実子とまったく同じに扱われるので、相続人になります。また、養子にいったからといって、実の父母と親子でなくなるわけではないので、実親の相続人にもなります。ただし、戸籍上の実親との親子関係を断ち切って養親が養子を実子のように扱う「特別親子縁組」の場合は実親の相続人にはなれません。 相続人の人数は相続税の基礎控除に大きく関わります。養子を増やすなどして節税目的で無制限に相続人の数を増やすことを防ぐため、相続税の基礎控除などの計算では養子の人数に制限があります。

<再婚した配偶者と連れ子>
被相続人と再婚した配偶者は相続人となります。ただし、連れ子は相続権はありません。相続人となるためには、あらかじめ被相続人と養子縁組をしている必要があります。

<離婚した配偶者とその子ども>
婚姻関係を解消してしまうと他人とみなされるので、離婚した配偶者は相続人にはなりません。また、子どもはどちらが引き取ったにしても、親子関係が消滅するわけではないので相続人となります。

<育ての親>
被相続人の育ての親には相続権はありません。たとえば、A男さんが離婚をして、Bさんという子ども連れてC子さんと再婚したとします。Bさんがもし亡くなったときに、A男さんは相続人となりますが、C子さんは相続人になれません。C子さんがどんなに愛情をもってBさんを育てても、法的には親子関係がないからです。
ちなみに、Bさんを産んだ実母はたとえ離婚をしていても親子関係がなくなるわけではないので、相続人になります。

<嫁>
夫の親が亡くなった場合、嫁に相続権はあるのでしょうか。どんなにその故人と親子のように生活をしていても、また介護などを献身的にしても、法定相続人にはなれません。ただし、養子縁組をすれば相続人になります。
また養子縁組をしても、養子が実親との親子関係を存続したまま養親との親子関係をつくる普通養子縁組の場合は自身の親と親子関係がなくなるわけではないので、実家と嫁ぎ先の双方で相続ができます。

法定相続人でなくても財産は引き継げる

ちなみに、ここで説明している法定相続人とは、民法で定められている「相続人になれる権利をもつ人」のことで、それ以外にも遺言書で亡くなった方の意志が残されていれば、財産を受け取ることは可能です。

Large
こちらの専門家が回答してくれました
税理士・羽田リラ
株式会社ウーマン・タックス 代表取締役